マイペース・ブログ

日常の出来事やニュースを書いていきます。

イカにも「自制心」がある? どんな実験を行ったの? イカの他の能力も解説!

皆さんよくご存じのイカ

私はイカといえば「お寿司」や「天ぷら」がすぐに思い

浮かびます。

しかしそのイメージを大きく変えたのが、今回話題になって

いるイカについての新たな真実!

その内容はなんと、イカに自制心があるということ!!

ちなみに無脊椎動物では初とも言われています。

 

驚きのニュースですね!

正直イカにそんな力があるなんて、今まで考えたことも

ありませんでした。

 

明らかにしたのは、ケンブリッジ大学心理学科の研究者

であるアレクサンドラ・シュネル博士

今年の3月にその研究成果を発表しました。

 

今回はそんな気になるイカについて、そしてその実験

内容について、イカの他の能力についても解説したいと

思います。

 

どんな実験を行ったの?

 

今回実験の対象となったのは、6匹のコウイカ

「マシュマロ実験」と言われるアメリカのスタンフォード大学

の研究チームが行った研究をイカバージョンにしたそうです。

まず「マシュマロ実験」について簡単にまとめておきます。

 

【マシュマロ実験】

・対象は当時4歳の子供

・机の上においしそうなマシュマロが1つ乗った皿を

置いておく

・「今すぐ食べてもいいよ。でも、15分待っていられたら、

もう一つマシュマロをあげる」と言って部屋を出ていき、

子供を一人きりにする

 

これにより、将来のより大きな成果のためにどれぐらい

自制心が持てるのかや、その関連性が明らかにできる

そうです。

 

とても面白い実験ですよね!

おいしそうなマシュマロが目の前にあったら、「すぐに

食べたい!でももう1個もほしい!」となってしまい

そうです。

 

特に4歳の子どもならなおさらですね。

15分の間に沢山葛藤しそうです。。

 ちなみに、最後まで我慢して2つ目のマシュマロをもらえた

のは186人のうちの3分の1だったと言われています。

 

これを今回の実験ではイカバージョンにして、1つ目の

マシュマロをエビのかけら、2つ目のマシュマロを

生きたエビにして行ったそうです。

 

 

実験の結果はどうなった?イカについてどんなことが分かったの?

 

「すぐに食べてしまったんじゃないの?」と思ったら、

結果は逆!

2分以上待つことができたイカがいたそうです!

2分間はすごいですよね!

 

しかも最も我慢できなかったイカも50秒は待つことが

できたのだとか。

いやーすばらしい自制心です。

イカも一生懸命考えて、人間の子どもたちのようにたくさん

葛藤したのでしょうか。

イカにも自制心がある。

今後イカを見る目が大きく変わりそうですね!

 

 

他にもイカの自制心を研究した実験ってあるの?

 

実は過去にもあるんです。

実験を行ったのは、ケンブリッジ大学心理学部

ポリーン・ビヤール氏

イカ計画性や自制心を調べるために実験を行い、

その成果を2020年2月に発表しています。

 

その方法は下記で、大きく2つの研究をしたそうです。

1.1つ目の研究

・2種類のエサ(エビとカニ)を用意する

イカにとってエビはカニより価値がある食べ物)

・全てのイカに「昼はカニ」「夜はエビ」のエサを与え、

エサのパターンを学習させる

 

その結果分かったことが、イカは上記のエサのパターンを

学習して、「夜のエビ」を多く食べるために、「昼のカニ」を

あまり食べなくなったり、無視するようになったそうです。

 

しかもその変化はわずか5日で見られたそうですよ!

「あれ、夜に大好物がもらえるんだったら、昼は食べなくても

いいな!」と自制をしたということですよね。

素晴らしい知性です。

 

2.2つ目の研究

イカを2つのグループに分ける

・1つ目のグループには「昼にカニ」「夜にエビ」を与える

・2つ目のグループは「昼にカニ」の部分は変えずに、

夜だけ変え、夜は必ずしもエビではなく、半々の割合で

カニを与えた

 

その結果分かったことが、

1つ目のグループはより一層「昼のカニ」を無視して

「夜のエビ」を食べるようになったそうです。

そして2つめのグループは「昼のカニ」を無視せずに

食べるようになったそうです。

 

「なぜ?」と思ったのですが、研究者たちによると、

「将来の報酬が必ずしももらえないかもしれないとなった

場合は、イカは目の前の報酬を優先させる」ということ

だそうです。

状況によって考え方を変えているということですよね!

 

この研究から、ポリーン・ビヤール氏達はイカには将来に

対する計画性と自制心がある」と発表したそうです。

「なるほど。確かに!」と納得する結果ですね。

 

自制心だけじゃない?イカのその他の能力。

 

自制心があることが発見されたイカですが、

実はそれ以外にも素晴らしい能力があるんです。

皆さんはイカが体の色を変えられることを知って

いますか。

 

敵が近くに来た際、周りに溶け込むように体の色を

変化させ、自分の身を守るそうです。

皮膚の色素細胞を自分でコントロールすることが

できるんですね。

 

しかも一瞬で変えられるそうで、産まれた時からこの力を

持っているそうです。

しかも擬態の時だけではなく、威嚇や求愛の時にもこの能力を

使うそうですよ。

 

イカって色々な面があって本当に面白い生き物ですね。

おいしいだけじゃありませんでした。

 

まとめ

 今回話題になったイカの自制心について、実験内容や

その結果、他の実験についてもご紹介しました。

色んな能力がどんどん明らかにされているイカ

これからも新しい事実が分かるかもしれませんね!